誰でもできる!コンシーラーで目元のクマとおさらばする方法

誰でもできる!目元のクマとおさらばする方法

すべてのメイクアップルーティンの中で最も重要なのは目元のクマをコンシーラーで消してブライトアップすることです。どんなにほかのメイクが完璧にできていても目元にクマがあると疲れてたり、不健康な印象になったりして最悪ですよね。そんな目元のクマにお悩みのみなさんにおすすめしたい目の下のクマとおさらばする方法をご紹介します♡

そもそも目のクマとは

目元のクマ(隈)とは目の周りが黒ずんでる状態を指します。肌のたるみ、老け顔、ドライアイなどなどの症状とも深いかかわりのあるなかなか厄介なこのクマ、由来は歌舞伎の「隈取」からきています。血管や筋肉をオーバーに表現するメイクアップですね。

 

一口に「目元のクマ」といっても種類は様々です。ここでは、主な3種類のクマについて説明します。

  • 茶クマ…目元のメラニン色素沈着が原因で、目の下が茶色くくすんで見えている状態。
  • 青クマ…目の下の血管が透けて見えている状態。
  • 黒クマ…目の下にくぼみができているため、その影がクマのように見えている状態。

クマの消し方

茶クマと黒クマは肌の色に合った黄色味のあるファンデーションで解決することができます。ファンデーションのあとに目元の周りだけ黄色味があって顔周りより明るいトーンのパウダーをのせると健康的でナチュラルな印象を手に入れることができます♡

青クマはコンシーラーを使わないと補正出来ません!目の下の皮膚は非常に薄いため、静脈の毛細血管が透けて見えている状態なので、コンシーラーで青味を打ち消す必要があります。しかも、この青クマは肌の色に合ったコンシーラーだけでは消せません。ピンクあるいはピーチ(オレンジ)系と黄色味があって顔周りより明るいトーンのコンシーラーがマストです。「なんじゃそりゃ」、「そんなに消すの難しいんかい!」とお思いの青クマでお悩みのみなさんへ、ここからは私のおすすめする超簡単な「青クマ撃退法」をご紹介します♡

最新情報をチェックしよう!