誰でもできる!英語を話せるようになるコツ

誰でもできる!英語を話せるようになるコツ

「どうやったら英語を話せるようになるの?」とよく聞かれるので英語が喋れないと苦戦してる人向けにわたしなりの英語を話すコツをシェアします。

最初に言っておくと、ここでは、TOEICの点数とか学校の英語の勉強が得意とかは関係ありません。リーディング、リスニングの世界ではなくて、ちょっとした「英語を話せるようになるコツ」です。

考え方をかえよう!

無理にかっこよく言おうとしない!

例えば「メアリーって女の子知ってるよ」と言いたいとき、頭の中で関係代名詞でつなげて「I KNOW THAT GIRL WHO IS  MARY」とか「THAT GIRL WHOM I KNOW IS MARY」「I KNOW THAT GIRL WHOSE NAME IS MARY 」と考えてから言葉にしていませんか?

でも、ちょっと待ってください。会話中に一文にする必要ってありますか?

「I KNOW THAT GIRL」+「SHE’S MARY」で意味通じちゃいますよね(*’ω’*)

あまり難しいことは考えず、とりあえず言っちゃうのがコツです!

日本語で言う「大丈夫です」「よろしくお願いします」を覚える!

高度な文法の勉強に力を注ぐ前に、応用がきく汎用性の高い簡単な言葉をどんどん覚えて話してくスタイルが一番手っ取り早く英語を話せるようになるコツだと思います。

例えば、

「CAN I HAVE ○○ PLEASE?(○○もらえますか?)」

「I WANNA ○○(○○したいな)」

「I’M GONNA ○○(○○するつもりだよ)」

「MAY I  ○○?(○○してもいいですか?)」

「WOULD YOU ○○?(○○をお願いできますか?)」

などなど(*’ω’*)

でも、そんなの教科書に載ってないじゃん…

そうなんですよね~。それを解決してくれるのは言語交換アプリや海外ドラマだと思っています。

オススメのアプリは「italki」と「tandem」。「italki」は有料ですが、教育資格を持った先生に教わることができます。

「tandem」は無料で始められて取っつきやすさがオススです。添削機能を使って英語の間違えを指摘してくれる人とトークするといいと思いますが、「日本語を教えてほしい!」と頼まれる時も多々あります。

italki

Tandem タンデム - 言語交換で外国語学習

海外ドラマは自分が面白いと思ったものを繰り返して見聞きするのが一番!

わたしはER、SUITE、GLEEなどなどアメリカドラマが多いですが、英国式英語を学びたい方にはVICTORIAやDOWNTON ABBEYなどのイギリスドラマの方をオススメします。言い回しや単語、発音がかなり変わってくるので注意が必要です。

質より量!アウトプットに重点をおかないと英語は口から出てくるようになりません。「そんな急に(;´・ω・)」と思うかもしれませんがスパルタ特訓も大切です日本の中学校で習う英語の一部が使いこなせれば何となく英語は話せるようになります。絶対に!そして、人と話している間に耳が慣れたり、口が慣れたりしてくると、「あれっ?あの文法なんだっけ」と思い出して復習するPDCAサイクルに勝手に乗っかっていきます。

また、知らない単語や文法、言い回しは直接英語で勉強するのが一番です。英英辞典を引いてそれでもさっぱりわからなかったらググっちゃいましょう。英文法の教科書のおすすめは「English Grammar in Use 」です。

私はゴリゴリの米国訛りなので米国VerのGrammar in Use Intermediateで勉強してますが、世界的にみると英国式英語を話す人が多いのでみなさんには正統派をオススメします。
最新情報をチェックしよう!